サラリーマン600万円借金返済記

1977年生まれ、年収は700万円弱のサラリーマン。株式投資が原因で600万円超の借金。借金返済×資産運用ブログ。 借金の返済状況/節約/iDeCo・WealthNaviによる資産運用等の記録。

【出費】息切れの通院で5,520円かかるが、禁煙1ヶ月の効果で肺年齢が20歳も若返ったことが判明!

矢口

先月から、息切れが原因で通院しています。糖尿病の通院と同様、出費がかなり痛いです。。

【目次】

検査・診察

喫煙が原因と思われる息切れ、今回が2回目の通院です。
午後、会社で休みを取って、病院に行きました。

前回の通院時の投稿がこちらです。
www.cardloan.work

肺活量や呼気量の検査をしましたが、禁煙の影響もあってか、肺年齢は53歳でした。
※私の実年齢は41歳です。

前回の検査での肺年齢が73歳でしたので、1ヶ月で20歳も若返ったことになります。

たった1ヶ月で20歳も若返るのですから、「禁煙した方が良い」というのは、私の実体験からも間違いないようです。

肺年齢が若返ることをモチベーションとして、禁煙を継続したいと思います。

出費

診察費や検査代で病院に2,740円、薬代として薬局に2,780円、合計5,520円の出費でした。
薬は前回同様、「スピオルトレスピマット28吸入」という吸入器具です。

糖尿病に加えて、息切れの治療で、毎月1万円前後の出費はかなり厳しいです。

肺機能が良くなってきているようなので、次回以降の通院は、辞退しようと考えています。