2020年11月末時点の保有株を公開します。

保有株を売ったり、バイオ株を買ったり売ったりでした。

毎月の各積立投資については、以下の記事を御確認ください。

(1)投信積立:セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド

(2)iDeCo:日経平均

(3)株式積立:ラクオリア創薬
 ※2020年6月で株式積立は停止しました。

(4)純金積立:田中貴金属工業・三菱マテリアル

先月末時点の保有株については、こちらの記事(【月次報告】2020年10月の保有株を公開!)で確認できます。



1.2020年11月の保有株一覧


2020年11月末時点の評価額は、247,842円となりました。

評価額は先月と比べて約12万円のプラスです。

保有株は以下のとおりです。
銘柄株数株価評価額
1577 NEXT FUNDS 野村日本株高配当70連動型上場投信2株19,130円38,260円
5711 三菱マテリアル1株1,982円1,982円
4579 ラクオリア創薬200株1,038円207,600円
合計247,842円


2.2020年11月の取引状況


まず、これまで保有株していた以下の3社の利益が出ましたので売却しました。

・8309  三井住友トラスト・ホールディングス
・8316  三井住友フィナンシャルグループ
・8473  SBIホールディングス

長期保有のつもりで購入しいていたのですが、結果的に短期間での売却となりました。

借金返済中の身で継続保有はやはり困難ですね。

次に、11月中旬からアンジェスを触りました。

Twitterでは報告していましたが、このような奇跡もあり、資金に余裕ができました!




アンジェスは、コロナウイルスの思惑で上がったり下がったりで楽しめました。

楽しめましたが、心臓に良くないので、少しの利益で撤退しました。

2020年11月16日の高値は1,680円でしたが、現在の株価(2020年11月30日の終値1,301円)を見ていると売却の判断は正しかったのかな?と思います。

アンジェスの次は、おなじみのラクオリア創薬。

200株だけ購入しましたが、11月中にテゴプラザン関係の大きな材料が現れずという結果に終わりました。

テゴプラザンについては、フィリピン、モンゴル、シンガポールのサブライセンス契約締結はありましたが、期待していた日本、中国の契約に関するニュースはありませんでした。

サブライセンス契約のIR(2020年11月24日:胃食道逆流症治療薬tegoprazanのフィリピン、モンゴル及びシンガポールにおけるサブライセンス契約締結並びに一時金受領のお知らせ)はこちら。
昨日、当社がHK inno.N Corporation(本社:韓国ソウル市、代表取締役:Seok-Hee Kang、以下「HKイノエン社」)へ導出したtegoprazan(韓国販売名(韓国登録商標):K-CAB®、以下「tegoprazan」)につきまして、HKイノエン社がフィリピン、モンゴル及びシンガポールの3カ国でサブライセンス契約を締結したとの連絡を受けましたので、以下の通りお知らせします。
これにより、当社は一時金を受領することが確定いたしました。


谷社長が「今秋にはめどを付けたい」と話をしていたので、日本に関する発表が何かしらあると思っていましたが。。

今秋というのは11月までのことですよね?

3.おわりに


12月にラクオリア創薬は売却予定です。

私がめどを付けます。。

本当は長期保有したいのですが、まだ借金がありますので短期で楽しむことしかできません。